スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大好評・・・世にも奇妙な虎鉄の夢2

  • 2011/10/20(木) 19:06:31

大好評!?

・・・だったらしいので、無理矢理、続編。



この話は、夏のある時の物語



無事、現地の乗り物カヤックにて脱出成功を果たした虎鉄家が次に漂流した先は・・・






1020.jpg
愛媛県今治市内(やや都会じゃあないですか??)





そこでカヤックを捨て、ひたすら歩き、人里離れた集落のとある民家に保護される。
(実際は、歩けません。車で20〜30分位で山の中↓)




1020-1.jpg
(虎鉄母の実家)

ゴハンだよ!!(コテツ)

やっと、落ち着きを取り戻したのか元気に”ゴハンだよ”と声をかける虎鉄くん。





そこで虎鉄家は、そのとある集落の民家にて空腹を満たす。





1020-2.jpg
民家の中へ入ると、昨晩のBBQとは違い、魚介中心の食卓。(虎鉄母家の食卓)
魚介を主食とする部族の集落らしい・・




その集落の族長夫妻
1020-3.jpg
(虎鉄母のご両親)




歓待してくれる族長夫妻
名は族長トーゴーと妻ヨーコー(実名に近い仮名)。

妻ヨーコーはしきりにVサインをする。

何かの暗号なのか・・・?




虎鉄君が食卓のある異様な食べ物に気付く。





何かの生き物の手のようだ!!
1020-4.jpg
通称亀の手(貝類らしい)



ジャジャ〜ン!?



ガメラ〜ガメラ〜♫
1020-5.jpg
今朝、捕獲したという動物の手(亀の手拡大)
ヨーコーのVサインの意味はこのことだったのか!?

                      

1020-6.jpg
(殻を剥き中の白い部分を食べる。鳥貝に近い味)



その亀の手を唸りながらムサボリ食らう族長夫妻。
・・・”子豚の手が今晩手に入りそうよ”

シャキン、シャキン(クロックタワーのシザーマンの登場音)
どうやらVサインはこの意味らしい・・・

なぜか、一緒に唸りながらムサボリつく虎鉄母(画像なし)。

虎鉄母はこの一族の血筋だったらしい・・・(事実。娘。亀の手を好物としている)


”父さん!!、母さんも一緒にムサボリついてるよ!?”(コテツ)

”ああ、コテツ!!、母さんもこの一族の出身だったらしいよ”(コテツ父)

”だから、母さんは父さんと違い野蛮な感じなんだ!?”(コテツ)

”それは、違うよ。コテツ!!”
”きっと血液型がB型だからさ!!”(コテツ父)





その夜も満月であった。
1020-9.jpg




外では何かの儀式が行われている。




1020-8.jpg
(普通の庭での花火)


外では炎の儀式


儀式にあわせ集落の女、子供も集まってくる!?


1020-11.jpg
(妹とその子供)




虎鉄くんに昨晩の記憶がよみがえる!?

1007-4.jpg




民家の中では、”シャキン、シャキン”の音
きっとヨーコーのVサインの意味はこの事だったのだ!!




わああ〜

嫌だ〜。くわれる〜。

今度は焼豚か〜



1020-7.jpg
(花火が嫌いな虎鉄くん)
恐怖に避難する虎鉄くん




食われるなら団子のほうがマシだよ。




1020-10.jpg
焼豚× 団子○





と新たなる漂流先を探す虎鉄くんでしたとさ。


めでたしめでたし。

ちっともめでたくないよ!!(コテツ)



忙しいからと母がブログ更新しないために、更新のために虎鉄母一族を敵にまわす虎鉄父。

さらに、B型女(虎鉄母家女一族みんなB)までも敵に回すのか。

そして、次回からみかんの国に行くことは許されるのだろうか。

・・・おそらく出入り禁止かも(笑)


にほんブログ村 犬ブログ ボストンテリアへ

次回、コテツ団子になる!?を見たいのならポチっとね。





関連記事
スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

次は直木賞を狙って

お初で~す、でもないか・・・
そうですか、ノンフィクション作家になりましたか。
たまにはオレンジの車で(展示会で真っ赤になった時の?)虎鉄と一緒に
散歩に来ないですか。 虎鉄父<新車<虎鉄に会いたい。。。

呑むなら歩きで。。。お待ちしてます。!!

  • 投稿者: kinchan60
  • 2011/10/21(金) 21:51:20
  • URL
  • [編集]

応援ありがとうございます。

この度は励ましのコメントありがとうございます。
近々、このこてこてブログのノンフィクションからのフィクションシリーズの本がリリースされることとなりました。いよいよ、直木賞に向け本格始動です。是非、お買い求めください。※このコメントもフィクションです。
 日本酒持って近々お伺いしたいと思います。息子とその母同行で。
もちろん徒歩ですよ。積もる話もありますから。

  • 投稿者: 虎鉄父
  • 2011/10/22(土) 12:14:11
  • URL
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。